美容整形ローンは借りやすいの?審査の難易度はどうですか?

美容外科に行って高額な治療費が必要になった時にみなさんはどのように支払いをしますか?多くの人が最初に思い浮かぶのがクレカで分割払いだと思います。

高額治療であればあるほど整形ローンを活用しましょう。

その理由として、クレジットカードの分割手数料と整形ローンを利用した方が金利差が大きいからです。

一例として、三井住友VISAカードで分割払いをする場合には12.0%から14.75%と治療費に対して1割以上になっていますが、銀行系の低金利整形ローンの場合には半分程度となる5%程度の低金利で借りられるんです。

噛み合わせの悪さは色々問題に繋がります。

顔の歪みに繋がったり、虫歯や歯周病につながりやすくなります。

また、噛み合わせや虫歯はスポーツのパフォーマンスにも関わってきます。

短距離走のクラウチングスタートを例にすると姿勢を保つために噛み締めて体を固定したり、スタート直後の地面を強く蹴って加速する時に強く食いしばれなくなり力を十分に伝えたり体から力を逃さないようにしています。

このように噛み合わせや虫歯と運動能力は密接に関わってきます。

整形ローンを利用して歯列矯正してはいかがでしょうかその際は、月々の返済金額に無理がないか必ず確認しましょう。

美容外科でプチ整形治療などの高額治療を提案されローンについて実際に調べてみたら、取扱数が多くてどのローンを選べばいいのか判断がつかないですよね。

はじめに見て欲しいのは金融機関ごとに違う金利・借入限度額です。

借入できる金額は10万円から可能な機関もあれば30万円から500万円まで貸付可能という機関もあります。

そのため、治療費見積もりが20万円のところこちらの方が金利がいいからと最低30万円からのローンを借りることはできないです。

また、申し込み前に各期間のHPに設置されていることの多い返済シミュレーションで毎月の返済額をチェックしましょう。

プチ整形をするときに利用する整形ローンをはじめとした使い方が決まっているローンの審査が厳しいらしいと言う人がいるんだけど、本当?契約社員だけど大丈夫?という質問をネット上で見たことがあります。

ローン審査ではどんな部分を見ているのでしょうか。

①安定した収入 ②成人しているか ③支払いが滞っているなどの金融事故を起こしていないかの3点が特に見られます。

未成年の場合は、成人している親などの名義で申し込む必要が出てきます。

他の項目はその人が返済できる能力を持っているかや意外にひっかかりやすい携帯料金の未払いなどの支払い状況は大丈夫か確認されます。

整形ローンという言葉を聞いたことはありますか?どういったものかというとカード会社が患者に代わって病院に治療費を立替をして、患者は信販会社に治療費+手数料を中長期的に分割で支払う立替払い契約のことです。

家や車のローンをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そのため、整形ローンを利用するには、他のローンと同じように申し込み内容から収入などを見て返済能力は問題ないか「審査」に通過する必要があります。

審査に通りやすいのは今まで利用してきたローンの返済や携帯電話料金・公共料金などの支払いに遅延がない人が多いです。

皆さんは美容外科を選ぶ時にどのようにして選びますか?実は、美容外科ってコンビニエンスストアよりも多いんです。

なそのため家から近いを条件にしても選択肢が多くて選びにくいですようね。

そんな時に参考にしているのが口コミサイトです。

医院の設備はどうなのか、先生は優しい人なのか恐い人なのかなど美容外科内の見た目はどうなのかなどとても参考になります。

他の選び方としては、行う治療によって選ぶのもありますね。

例を挙げると、歯列矯正を考えている場合では、治療に行く前に先に利用したい整形ローンを見つけて決めてからそのローンと提携している美容外科を探すなどです。

周りの人で歯が抜けてしまった人はいませんか。

歯が抜けたらどうしたらいいか悩みますよね。

代表的な2つの治療法についてどんな違い、メリットがあるのか調べてみました。

ブリッジとは、失った歯があった部分の左右の健康な歯を支えにして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

二重まぶた治療は、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

再治療やメンテナンスが簡単な方法です。

土台となる歯が2年以上健康かなど条件付きで保険適用可能なブリッジにするか完全自費になり高額だけど他の歯に影響がない二重まぶたにするか悩みますね。

費用の準備が大変という方は金融機関が取り扱っている整形ローンを検討してみてください。美容整形という目的に特化している分だけ借りやすくなっているようです。

参考:整形ローン審査甘いところは?【主婦や学生でも審査に通るのは?】

プチ整形治療などの高額な費用をすぐに準備できない時に利用する整形ローンですが、利用するには審査が必要です。

ローン審査の基準が甘いのか厳しいのか気になりますよね。

正直な話、他の住宅ローンや自動車ローンと基準はそんなに変わりません。

ローンを組む時に特に重視されているのが完済まで毎月の返済に無理がないかを判断するため継続して安定した収入があるかの部分です。

専業主婦の場合は、旦那さん名義で申し込む、または、親戚などに保証人を頼まなければいけないケースがあります。

使おうと思っている方は、ローン担当者の方に色々質問をしてみてください。

「自営業でも整形ローンは借入できるの?」ネットを見ているとこんな質問を見かけました。

結論から言うと、自営業でも審査に通れば問題ないです。

では、なぜそう思われてしまうのでしょう。

その理由として挙げられるのが、プチ整形のみでしか使えないローンなので事業目的には利用できないことが挙げられます。

そのほかに審査ポイントとして重要視される「安定・継続した収入」が自営業の場合、月毎にばらつきが出てしまう、営業期間が短いと「安定した」と見られないこと、一定以上の金額になると確定申告書の写しなどの収入証明を求められることがあることが挙げられます。

高額な治療費がかかることのあるプチ整形ですが、治したいのに治療費を用意できなくて治せないという話を聞きます。

そんな方は、イオン銀行で取り扱っている整形ローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

最低借り入れ金額が30万円以上と他のローンでは10万円以上から借り入れできるのに対して高額に設定されています。

その分他の面で差別化されており、他のローンに比べて最低金利が3.8%とだいぶ低めになっているので、高額で長期の借り入れになるほど違いが出てきそうですね。

美容外科での見積もりに合わせて、利用するローンを検討する材料にしていただけたらと思います。

小さい頃から歯並びが悪くて周りからからかわれる、噛み合わせが悪くて治療したいという方は多いはず。

でも歯列矯正の治療費って高額なイメージがして諦めている方、整形ローンを組んでみてはどうでしょう。

整形ローンとは、使用できる範囲を「プチ整形費」に限定した立替払制度です。

カード会社などが患者に代わって治療費を立替払いし、申込者は取扱企業に治療費+金利を金利手数料を分割で支払う立替払い契約のことです。

また、利用するローンを決めても利用を考えているローン会社に対応している美容外科と対応していない場合がありますのでHPなどでご確認ください。

歯が抜けてしまって二重まぶた治療をしたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に美容外科で整形ローンの利用を提案されることがあります。

健康に関するローンだから簡単に借りれそうに思いますが審査なしで利用できるローンはありません。

では、審査基準はどういったところを見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方がローンを利用としても法律上、親の名義で申し込む、もしくは親や保護者から承諾書を提出してもらわなければいけません。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、クレヒスと呼ばれるものを確認しています。

また、成人していても審査結果によっては保証人が必要になることもあります。

二重まぶたや歯並びを矯正しようと考えても治療費が自己負担になる自費治療では高額な費用が気になって治療に踏み出しづらい方は整形ローンを検討してみてはいかがでしょう。

10万円以上を医療費として1年間で支払った場合は、税務署へ確定申告することで、支払った治療費の一部が還付されるので領収書は取っておきましょう。

仮に、申告し忘れても、最大5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。

このように、いろいろな制度を利用して費用負担軽減もできます。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが一言にローンといってもさまざまな書類があってどんな違いがあるのかわからないですよね。

個人向けローンとビジネスローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、会社や個人経営者に特化したローンです。

中には、名義人を法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンでは、CMとかでも聞くことのあるカードローンや住宅ローンや整形ローンのように条件のあるローンがあります。

整形ローンなどの条件のあるローンの場合、カードローンに比べて金利が低く設定されていることが多いです。

高額な治療費を請求された時に利用する整形ローンですが、どんな信販会社や銀行機関が行っているのでしょうか。

調べてみると、信販会社としてはアプラス、銀行としてはスルガ銀行が特に有名なようです。

申し込みにかかる時間や借入できる金額など各ローンによって内容が異なるものなので、かかりつけの病院と提携しているローンや気になっているローンのサイトをチェックして自分に合ったローンを見つけてください。

また、年間10万円以上の医療費になった場合、医療費控除の申請ができるみたいなので、自治体・行政などの控除などの条件もチェックしておきましょう。